ぼっち大学1年生

電車の中で、みなスマホにくぎ付け。いったい何を見ているのだろう。大学でも、授業中にスマホしか見てない人もいっぱいいます。多分、LINEです。いや、絶対LINEです。別にのぞいてないですよ?これは感です。そうじゃなければツイッターフェイスブックでしょう。

よくもまぁあんなに集中してスマホ眺められると思います。別に馬鹿にしてるわけでも非難しているわけでもないです。どっちかっていうと、羨ましいです。「親のお金で大学生かせてもらってるくせに、そんなバカな学生が羨ましいだとっ!?」とお怒りの声が聞こえてきそうですが、だって僕ぼっちなんだもん☆

ぼっちは、LINEのアカウントを持っていても、これとは無縁の生活を送っています。みなさんが、スマホを開いたときに出るトップ画面でLINEのメッセでてるでしょ?僕、ほとんどありません・・・ 親からしか来ません はぁ~~~

というわけで、まぁ羨ましいんですよ 90分のも間、ひたすらLINEにくぎ付けになれる状態が。どんなに、「アンケートではSNSの利用にストレスを感じてる人が~」とか、「デジタルの侵略で脳みそが~」とか言われても、一回ぐらいライン漬けになってみたいんじゃ!!

ぼっちは孤高とは違います。自分を律して一人で生きているわけではないのです。いつの間にか取り残された哀れな子です。だからそのSNS地獄に、「不動明王の如く現実に腹を据えているが故に、足を突っ込んでいない」わけではないのです。悲しいけど、SNSでスマイル写真や私生活をばらまくほど生活が充実していないだけす。僕はツイッターフェイスブックも更新する気が起きません。そんなに自信たっぷりな笑顔は、僕の表情筋にはきつすぎます。。。

じゃあ僕は、通学中に何をしているかというと、本を読んでいます。大学の図書館で親書を借りて、大体3日で1冊のペースで。僕は本をあまり読まない人間だったので、これは褒められてもいい気がする・・・。これは、なんかいいことのように思えます。

でも本を読んで、なんか為になってるのかというと、まだわかりません。また別の記事で書こうかと思いますが、情報が右から左へ流れているだけだったり、一人の寂しさを紛らわすだけの行為にも思えます。

理想は、①電車の中では本を読んで、②目的地に着きそうになったら、本をしまってスマホ確認 ③LINE通知を確認して、スマートに返答 ④駅で降りて、さっそうと大学へ向かう・・・みたいなのですが僕のスマホくんは何も言ってくれません。だから③で失敗 ④でトボトボ・・・と大学に向かうのでした。