なぜブログなのか?

みんないろいろな理由でブログを書いていると思う。自分の趣味・活動の発信や、ニュース・問題の提示、はたまた特にわけもなく日々のつれづれなるままにいろいろと・・・

僕の場合は、どれだろう。やっぱり、一番最後の日々のことを綴るタイプかな?趣味は特にないし、問題意識とかも特に持ってないです。。。(←大学生の発言とは思えないですね)

でもダラダラ書くだけだったら、twitterのほうが使いやすいんじゃないかな?ふと思ったことを、すぐその場で書き込めるしね。ブログだったら、twitterほど手軽にはかけないでしょ。

何が言いたいかというと、ブログ書くって言ったらある程度の長文書きたくなっちゃうし、一応これでも文章の読みやすさとかきにして書いちゃうもんね。文章の読みやすさなんて、ブログの読者なんかいないんだからテキトーでいいじゃんと思うでしょ?僕もそう思います。だけど、不思議なことに、長文書こうと思うと体裁を自然と気にしちゃうんだよねぇ。

つまり、ブログのほうが少々めんどくさいよね。じゃあなんでtwitterを使わないのか。わざわざブログの形式をとったのか。

僕がtwitterを使わない理由は、

①他人の楽しそうなツイートを見たくない

②下らないツイートは見たくない

③自分があまりにも発信することがなくて幽霊

の3つですね。やっぱりtwitterっていったらみんな使ってるし、フォロワーの数とか気になっちゃうのも疲れるからやだよね。つまり、素性がまったく知られてない状態のほうが引け目を感じなくてやりやすいんですよ。

というわけで、なんかひっそりとできそうなはてなブログを始めることにしたのです。

きっと、できる人間は、twitterや完全匿名ブログを使い分けているんでしょうね。そういう人がSNSを上手に使いこなしてるっていうんだと、僕は思います。