ブログを継続するために

僕は忍耐力がないから、一つのことを長く続けるのが苦手だ。はてなブログを始めたのは最近だけれども、何回も日記には挑戦してきた。ストレッチや、健康法なんかも調べてはいろいろ実践してきた。でも、長続きしたことは一度もない。

前のブログにも書いたけど、この性格が運よく大学受験には役立った。僕は私立文系志望だったから、数学のような積立式の勉強は必要なかった。一度はまったら、その科目ばかりやる勉強のスタイルは、暗記科目重視の文系科目では効果を発揮した。そのおかげで、受験後半のほうが、対して努力しなかったにもかかわらず、成果を出すことができた。ただし、その性格のせいで、数学を克服できなかったし、今苦労しているのも事実。

そこで、ブログを始めることにしてみた。やることがなくて(正確に言えば、大学の勉強があるけどやりたくない)ヒマというのもある。それに加えて、ちょっとした訓練の意味合いもある。

「何を大げさな」と思う方もいるだろう。しかし、何かを継続してやるということは、たかがブログでも僕にとっては大きなハードルなのだ。

そこで、どうすればブログを継続できるのかといことについて、考えてみた。やみくもにやったのでは、また前みたいにすぐ飽きちゃうだろうから。

 

①下らないことでも、思いついたらブログのネタにする。+話を発展させる

まさに、「よしなしごと」である。思いついたらすぐにパソコンに向かってとりあえず書く。書いているうちに、他にも書きたいことが思い浮かぶだろう。話が、他の話題にも発展するのだ。こうすることで、しばらくはネタを探さないでも、自然と書きたいテーマが出てくるのではないか。

 

②情報は小分けにして。+シリーズ化を狙う

いいネタを思いついたときは、タイプが進む進む。だけど、大量に書いてるうちに疲れちゃう。やっぱり、少しずつがいいのだ。それに、ネタを分割すれば、何回もブログを更新できる。つまり、一種のシリーズ化だ。

ただし、小分けにしすぎるのもよくないと思う。というのも、すっげーどうでもいいことを、すっげー分けて書く人がいる。正直どうかと思う。この程度のことなら一つの記事にまとめてくれたほうが、読みやすいだろうと思うことは多々ある。

 

③知的好奇心を持つ。+無知を晒す

一番最後にまともなの持ってきました。でも、そんなに重い意味を持たせてはいません。ただ何となく、気になったことに対して、興味を持って調べる。それだけです。

「+無知を晒す」というのは、自分の知らないことでもそれなりに書いてしまおうということです。僕はプライドが高いので・・・いや高くはないけど、恥ずかしい指摘をされるのがあまり好きじゃないです。(/_;) 顔が真っ赤になっちゃうタイプです。だからtwitterでフォロワーさんがいる中で自分の無知を晒すのはできません。しかし、このブログなら匿名性がより高いので、結構好き勝手なこと言えますもんね。間違いを指摘されても恥ずかしくないですし。

 

以上の3点を頭の片隅に入れつつ、いつまでブログを続けられるのか実験だ!

ちなみに、次の記事では①のルールを利用して、「継続」から話を「脳を鍛える大人のDSトレーニング」に発展させようと思います。