無気力病

大学に入ってから何もかも無気力になってしまったのが僕である。入学当初は勉強・サークル・あわよくば彼女なんて・・・すべて失敗 大学デビューに見事に滑ってしまった。滑って滑って滑って滑りまくってほんの一時期だけど学校やめたいとマジで思った。

相当悩んだのだが、調べてみたら案外そういう人っているらしい。同じ気持ちの人がいると知っただけで、すこしほっとする。

高校生だった自分は、自分のいたクラスがかなり特殊だったことに気付かなかった。オタクや変人がいっぱいいるクラスで、頭だけそこそこいいという特進クラスにいた。そこに3年間もいたので、周りの人や環境が当たり前だと考えてしまっていた。閉じたゆるーい集団だった。先生も3年間同じだった。「変化」に乏しいクラスだったが、居心地だけは今思うと最高によかった。でもその分、変化する努力を怠ってきた。そのせいで、急激な変化、極度に解放された社会空間に僕はついていけなかった。

高校の時は、「早く受験を終わらせて大学生になりたい!」と思っていたのに、今では高校生に戻りたいと本気で思ってしまっている自分が情けない。受験に成功しても、こういう壁に真っ先に当たってしまうと、受験の武勇伝なんぞまったく語る気も起きなくて、受験体験談なんかに呼ばれても行くのが億劫になってしまう。

どうにかして打開したいが、今でもまだ大学へ行くのに抵抗があるときがある。大学中退なんぞ親に顔向けできないのでもちろんなんとしてでも卒業するつもりだ。・・・みたいな発想になってることがもう残念だよね☆   おわり