ブログとは別に日記を

簡単な日記をブログ以外に、紙に記すことも最近始めた。

いくら自由に書いていいといっても、一つの記事には一つのテーマしかブログには書けない。三つや四つも言いたいことを一つの記事に書いたら読みにくくなってしまう。それに、ネタは分散させたほうが、ブログのネタもたまって、継続しやすくなる。

といっても、一日生活してれば、山のようなクソどうでもいい出来事にぶちあたるわけで、その中に一個でもいいテーマがあればそれをブログに乗せて、あとは切り捨てだ。本当にどうでもいいことを書くのは、twitter向きではないか。ただし、僕はtwitterがあまり好きではないので、その代わりに一日の最後にノートに簡単な日記をつけることを始めた。こちらは、思いつくことすべて書いてある。すべて書いても3行ぐらいに収まるから、簡単で非常に負担が少ない。

「マミーがパピーの愚痴を言ってた」「今日は学校サボった」「気になることおしゃべりできた」とか、こんな感じで毎日つけてます。今日は、「ブログで、日記のこと書いた。」と記すのでしょう。   

おわり