死刑制度について

日本は死刑賛成が80%を上回る超死刑容認国家である。これに対して、欧州では死刑を廃止した国がどんどん増えてきているのである。EUは死刑廃止が加盟条件なのである。先進国で死刑を続けているのは日本とアメリカぐらいだとも批判されているのである。

僕は、レポートを書くときは、反対の立場に取るのである。そちらのほうが、理路整然とした主張が出来るのだ。最強ワードは「人権」。これだけで、パラグラフ一個は容易に終わる。「人権は何よりも尊いもので~うんぬん。国であろうと人権を奪うことはできないのであって~うんぬん。」。それを冤罪に結び付けて。ついでに、死刑の廃止する前と後で犯罪率が変わらない国の統計や、EUなんかのサイトから声明をひっぱてくれば、中々優れたレポートとしていい点数がもらえるのである。

しかし、論理的に正しいとしても、説得力があるかどうかはまた別問題である。僕も、普通の会話の中で死刑の話が出たら、賛成なのである。悪者は死ねぇ!という感情があることは否定できないのだ。大体、死刑について調べてるうちに、ますます死刑賛成に傾くことが多い気がする。実際の死刑囚の犯罪を見ると、嫌でも心から死んでほしいと思ってしまうようなとんでもない奴が多いのだ。彼らに身内をむごいやり方殺されて、彼らを許しはしないけど、彼らの人権を尊重せねばならんというのは、救いのない話である。無念の一言ではないか。

死刑宣告をされた袴田さんが冤罪で釈放されたニュースもあり、常にホットな話題である死刑制度。その度に持ち上がる、日本の死刑賛成率の高さに納得して、頷く僕だがその考え方が欧州のようになることは果たしてあるのだろうか。

おわり