基本的に悪夢

大学生になってから惰眠をむさぼるどころか、一日中寝てる生活を送っています。昼まで寝て、飯食ってその後にまた夜中まで寝て、朝まで起きてから朝食とってまた昼まで寝るという有様ですが、大学生なので講義行かなくても連絡こないし、親も気にしてないしでどんどん悪い方向へ行ってます。まずいよなぁこれ。生活改善しないとまずいよなぁ。

そもそも何故寝てばかりいるのかと言えば、勉強もしてないし外に出るのも面倒だし、かといって家でできる趣味があるわけでもない、つまり究極に暇を持て余しているわけです。何もすることがないから、お布団でぬくぬくしてるうちにばたんきゅーしてしまう。好きな時に起きて、好きな時に寝てるので、お忙しい毎日を送られている方からはお叱りを受けそうですな。

いつからこんなに情けなくなってしまったのか。大学始まってから何もかも嫌になった時期がしばらくあって、すべてから逃れるために寝てた。という解釈が僕の中では優勢です。幸せを求めて寝ていたんでしょーか。

しかしね、どーも寝ていてもいいことがないね。現実ではタスクが捗らないし、体力が減っていくし、漠然としたオブリゲーションの意識が湧いてくるしで、気分が悪い。さらに、たくさん寝てるとね、夢を結構見るんですが、ロクなものがないね。

今日はいきなり戦争が始まる夢を見ました。日本の右翼化を実は懸念しているのでしょーか。別に、右翼とか左翼とかどうでもいいんだけどなぁ。戦争なんか絶対いかねぇしなぁ。国にも役人にも体をささげる気はないし、かといって反戦運動に時間を費やす気もまったくないのですが、いったいどうしてこんな不快な夢を見せるんでしょーか。他には、レポート提出の夢やバイトの夢、就職の夢など不安要素がぎっしり詰まった糞なドリームばかり。エッチなおねーさんが一人ぐらい出てきてくれてもいいんじゃないの?淫夢なんか一回もみたことねぇよ畜生。ふざけんな。ぜってぇ戦争なんかいかねぇぞ。

到頭あったまきて、無駄に多く寝るのをやめようと決意。起きたら布団をしっかり畳んで、寝れない状況に。苦しみから逃れるために寝ていたのに、寝てる時の方がくるしいという事実に気づいてしまった以上もう逃げ場がないねん。現実に幸せを見つけなあかんな。

おわり