ファミレス監査

僕はファミレスで働いています。今日、先輩から監査の結果表を見せてもらいました。この監査とは、会計監査ではなく、店舗が正しく運営されているかを視察にくることです。一般客に混じり込んで抜き打ちチェックをするのと、事前に告知された上で行われる視察の2つがあるそうですが、後者の方だったそうです。

結果は・・・「店長さん!残念な結果でした」と、手書きで怒られちゃってましたね。パーッと見たら、ものすご~く細かい一覧表でして、とてもじゃないけど普段から全部完璧にしておくのは厳しいです。キッチン内とフロア、接客の項目が合わせて80ぐらいはあったんじゃないかな?店長は適当な人なので、特に対策もしなかったようです。

そこから、バイトの人たちで監査に対する悪口で盛り上がりました。やっぱり、厳しすぎるようです。ですが、そこから、キッチン内へのミスの指摘の話題へ・・・。僕も、少し注意されました。「料理を盛り終えたら、すぐに離れるんじゃなくて配膳もしろ」と言われました。配膳とは、おぼんに乗っけて、料理を並べることですねー。僕は、教わっていなかったので、できたら適当にその辺に置いておくのですが、配膳をするだけでスムーズに行くらしいです。覚えることが増えそうだ・・・。

あと、異物混入。髪の毛とか、他の具材とか。これは、完璧に避けるのは難しいですが、やっぱり最大限に注意しろと。キッチンの明かりと、客室の明かりは種類が違っていて、客室のほうが料理がおいしく見えるようになっているらしい。さすが、監査が細かいだけあって、そういうところもしっかり考えてあるんですねぇ。キッチンでは気づかなかった異物が、客室のほうへ持っていく途中に明かりが変わって気づくことがあるようです。

ということで、今まで以上の注意と新しい仕事を要求されました。こういう話が聞けるのは、バイトしてて楽しいですよね。

おわり