読書メモを書いてみて

「スローリーディング」が初めての読書メモとなったわけですが、メモを記していて気づいた点を。

当然、何をメモするのか、考えるわけです。それも、意図的に、自分にとって都合のいい個所のみを抜き出しては意味がないので、出来るだけ客観的に重要なポイントだけを選び出さないといけない。これが結構難しい。

本書では、重要な個所は太字になっていて、一目瞭然でした。だから、一読したあとに、パラパラーって流し読みをしても、すぐにどこが大事な情報か把握できたので、最初の読書メモとしては、やりやすかったと思います。それでも、太字だけに気を取られて、「そもそも何故ここが太字になっているのか」を忘れてしまったりして、ただの太字情報収集に終わってしまいました。まぁ、それでも十分だとは思うんですけどね。

他の本になると、こうはいかない。すべての本が、重要な個所を太字にしてくれるわけはないので、自分で見つけないといけない。当然、読み終わった時には、どこが重要だったのか忘れてしまうだろう。これの対策として、本に線やマーカーを引いたりするのだろう。実際スローリーディングの本でも、そのようなことが書いてあった。

しかし、僕は、部屋にスペースがない関係で、本はほとんど借りるか、電子書籍で購入しているので、そういったことが難しい。となると、忘れないうちに、大事な個所をメモする習慣をつけないといけなくなる。

これは、読書を重荷にしてしまうのではないかと、不安に感じている。と、なると、メモをする本、しない本とに選別して、負担を減らす策もあるが、この選別自体が重荷になりそうであああああああうふん

とりあえず、続くかわからんのだ・・・。うまくいくかなぁ

おわり