歌うケツだけ爆弾

まぁ、踊れアミーゴよりは面白かった。

シロが話の中心だとは思いもしませんでした。今作より前で、シロが活躍した映画って、「アクション仮面vsハイグレ魔王」と「雲黒斎の野望」、「嵐を呼ぶジャングル」くらいだったような・・・。シロとしんちゃんの友情、というより愛だね。愛を描いた作品だった。家族の絆は定番のテーマですが、今作はシロも加わって完成したって感じです。

また驚いたのが、ミュージカル要素が多い点。宝塚風のひなげし歌劇団という敵がシロの爆弾を狙うのですが、そのたびに歌ってて面白かったw。さらに野原家族も歌っています。今作は歌がテーマなのかと思ってたら、別にそういうわけではなかった。そして、ひなげし歌劇団は、メインの敵というより、盛り上げ役でしかなかった。何でミュージカル?

何で宇宙人の爆弾にしたんだろう。宇宙人じゃなくてもいいのでは?爆弾がどうしたら外れるのかもよくわからなかった・・・。メロディが関わってるのは何となく理解できた。下らなくていいから、説明してくれないかなー。 

監督のムトウユージさん、新しいクレしん映画を開拓しようとしていたんでしょう。今までの監督の作品とは、映画だけ明らかに毛色が違いますよね。だけど、設定適当過ぎるよねw。今作はネタつめこみすぎて、やっぱりまとまりがなかったと思う。

あと、前作に続いてまたもえピーが出てきたんだけど、好きなの?w

おわり