2年生 春休みへ 何を継続しているのか何が出来ていないのか そして為しえたことは 

春休みに突入しています。

 

去年、つまり1年生の春にしたことと言えば、部屋の模様替え(メインにベッド解体)ぐらいでしたので、今年こそは!という意気込みもむなしく、特に何もせずにもう15日も経過しました。

イベントと言えば、ボッティチェリ展、フェルメールレンブラント展、そしてレオナルド・ダヴィンチ展に行ってきたことぐらいです。一人でです。知的好奇心が満たされることよりも、1人でいくことの寂しさの方が打ち勝ってしまい、帰宅時にはわびしさいっぱいです。

実は友達、というか授業中に偶然知り合う機会があった人がいて冬休み中にその人と映画を見に行きました。つまりその時はぼっちではなくなった。でも、サークルに入ってないと恒常的な付き合いがないので、来年時もしっかりぼっちでしょう。

 

継続の話ですが、英語音読、ロシア語音読は続いてます。ロシア語検定4級には無事合格できましたので、次は5月の3級試験を目指して勉強を継続していきたいと思います。せっかく英語音読もしているのだから、トーイックも受けてみようかと考えています。

読書は、まぁまぁ続いています。

日本語メモも続いていて、よくニュースサイトで気になった言葉や表現なんかをメモしています。

 

鬼トレは続いてません。ストレッチもランニングもたまにする程度で毎日の習慣にはできていません。毎日外出も出来なくて、せっかく買ったロードバイクも埃をかぶっています。ブログは言わずもがな。結局続かない。でもブログなんか継続しなくたって構わない。当たり前だ。

上記の通り、1人での寂しさが外出中の心を粉砕します。こんな弱くていいのだろーか。いやいいわけがない。

即物的な感情が満たされない物を続けることは本当に苦手です・・・。

 

最近dアニメストアに登録してアニメを見ました。月額400円でとても安いです。『ゼロの使い魔』というファンタジーアニメです。萌えアニメ特有のハーレムもので、一人の平凡な男が最強になり複数の女性からモテる要素がてんこもりです。こういう構図に批判的な人もいるでしょう。しかし、やっぱり主人公はかっこよくて(ゼロの使い魔の主人公サイトくんは)、頼れる存在なんです。自信に満ちてるんだから、モテて当然です。俺もこんな風に自信のある男になりたいです・・・(萌えアニメを参考にするって・・・)

ゲオで映画も借りてみてます。『男はつらいよ』を観ました。ああいう自由奔放な生き方に一瞬でも憧れてしまったのは、前北の将軍様と同じですね。でも主題歌の歌詞には「男とゆうもの つらいもの 顔で笑って 顔で笑って 腹で泣く 腹で泣く」とあります。俺は顔で泣いて、腹で泣いてます。このままじゃ生物的に淘汰されます。 

 

とりあえずこんな感じです。

 

おわり