酒の力はすごい

酒っていうのは、ここぞという時に一人で、ちびちび飲む時こそ、その効用がはっきりと分かると思う。

 

大勢でワイワイ飲む、友達とサシで飲むのは、楽しいのだろう。けど、その楽しさというのは人とのコミュニケーションから来るものではないかな。

 

じゃあ一人で飲む。でも飲み過ぎはダメ。ぐびぐび飲んで気持ち悪くなったりするのは論外。もちろんアルコール依存症なんてもってのほかで、酒が抜ければ体が震えるなんてヤク中と同じですな。

 

俺の好きな飲みは、1人で、しかもすっごい不安で退屈で、生きるのが苦しい時に、飲む。

少しずつ・・・不安や退屈が消えていく感じを観察するのも気持ちいい。スーっと体が軽くなっていく感じがたまらない。少しずつ飲んでいけば勢いで飲み過ぎることもない。

不安な気持ちが消えたら、もうおしまい。それ以上は飲まない。次飲むときは、また不安感がたまりにたまった時。限界までだから、しばらくはお預け。これくらいでちょうどいいと思う。

 

酒に逃げるな、なんてよく言うけど俺は酒の力によく助けられてる。

一人のみは素晴らしいよ。

 

おわり